2017.05.11

前田敦子出演情報 黒沢清監督の最新作『散歩する侵略者』に出演!

2017年5月17日(現地時間)より開催される第70回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門への正式出品が決定している、黒沢清監督の最新作『散歩する侵略者』で前田敦子の出演が発表されました。
劇作家・前川知大 率いる劇団イキウメの人気舞台「散歩する侵略者」を映画化した本作。
数日間の行方不明の後、夫が「侵略者」に乗っ取られて帰ってくる−という大胆なアイディアをもとに、
黒沢監督がサスペンス、アクション、そして究極のラブストーリーと一つのジャンルに収まらない、新たなエンターテインメントに挑戦します。

前田敦子の役柄は加瀬鳴海(長澤まさみ)の妹・明日美。物語が動きだすきっかけとなる、重要な役所を演じています。

長澤まさみ、松田龍平、長谷川博己他、日本映画界が誇るオールスターキャストを迎えて、2017年9月9日(土)に全国ロードショー。
本作の今後の情報に是非ご注目ください。

■映画『散歩する侵略者』
———————————–
<ストーリー> 
行方不明の夫が戻ってきた。その夫が、衝撃の告白をする「自分は侵略者」・・・。
数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。
夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…? 
同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。
やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。
「地球を侵略しに来た」—真治から衝撃の告白を受ける鳴海。混乱に巻き込まれていく桜井。
当たり前の日常がある日突然、様相を変える。些細な出来事が、想像もしない展開へ。彼らが見たものとは、そしてたどり着く結末とは?

監督:黒沢 清 
原作:前川知大「散歩する侵略者」
脚本:田中幸子 黒沢 清 
音楽:林 祐介 
出演:長澤まさみ 松田龍平 高杉真宙 恒松祐里 長谷川博己 前田敦子ほか           
製作:『散歩する侵略者』製作委員会 
配給:松竹/日活
(C)2017『散歩する侵略者』製作委員会

【公式HP】sanpo-movie.jp
【公式Twitter】@sanpo_movie
【公式FB】@sanpomovie

———————————–

巨匠、黒沢清監督のもと女優としてさらなる飛躍を遂げる前田敦子。
公開まで、楽しみにお待ちください!

▲NEWS LIST